上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第29話「サテライトの奇蹟」
2度目の更新です
アニメの流星を見たので感想書こうとかそんな感じです
白かったテンプレがこんな青になった理由は最後の方にでも(苦笑)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
... 続きを読む

第28話「電波クライシス」

... 続きを読む
第27話「キグナス軍団」
キグナスさんにウォー・ロックの過去を暴露され困惑するスバル
前回は川に落下した所で終了
天地さんがスバルを捜す中、車の中で話しかけるのはウォー・ロック
ウォー・ロックの指示でスバルの居場所に向かう天地さん
一方の五陽田刑事
誰かさん達のせいでいきなりビルの窓を突き破り外へ出て車を持ち上げたりしてました
普通なら首切れますよ
そんな様子を見ているオックス×ウルフ
電波変換する相手を捜すのに必死ですね
一方のキグナスさんはハープとジェミニ以外のFM星人を集め軍団を結成してました
全員が電波変換システムを使用し人間抜きで電波変換をしとんでも無い方向に話が進みそうな始末
一応主人公のスバルは天地さんに発見され病院内に居ました
天地さんにロックマンの秘密をバレた挙げ句ウォー・ロックの事もバレる始末
ウォー・ロックに父親の事故の一件を確かめよう屋上に行くスバル
ウォー・ロックはキグナスさんの話を否定せず認める状態
スバルからの絶好宣言
そんな様子を隠れて覗く天地さん
ウォー・ロックはその場を立ち去ります
スバル「ウォー・ロックのバカヤロー!!」
スバルの悲痛な叫び
この様子だと第29話「サテライトの奇蹟」で終了ですか?
でも後2話で終了させるのは、ジェミニの件もあるし無理矢理な最終回が誕生しそうな予感
今日の回を観て感じたのがさり気なく伏線回収?
今までロックマンが出た際には天地さんロックマンの姿を見ていない(多分
今回ロックマンの姿を見た際一目でスバルと同一人物だと気づく=それ以前の回で天地さんがロックマンの姿を見ていないのは観れば直ぐ気づくから登場させないのはそのための伏線?
言ってる事が滅茶苦茶ですね・・・
グダグダ文章ですいませんでした
「蛇足」
今現在、音泉のハヤテのラジオ聴きながらブログを書いてます
鈴宮ボイスが頭に張付く(は?
ハヤテのごとく!単行本11巻の宣伝やら、抹茶アイスの味利きやら、と結構やりたい放題(おい
メールでも送ってみようかな
じゃあ、終わります
第26話「帰って来た男」
今日の流星はかなり久しぶりに登場の宇田海さん
そういえば、キグナスさんとの決着はまだついてなかったですね
すっかり忘れてました
一方のツカサ
ジュースを飲みつつ黄昏れてます
キグナスが何かをすると感じたため様子を見に行く事に・・・
更に一方の平和に暮らすお馴染みのメンバー
委員長がロックマンを探しだそうと躍起になる始末
キザマロは身近な人間がロックマンじゃないかと思ったり・・・
冷や汗たっぷりの学園生活を満喫するスバル
天地さんから連絡
宇田海さんが帰ってきたとか・・・
大喜びのスバルは研究所に向かいます
ウォー・ロックは疑心暗鬼ですけど
一方の天地さん
宇田海さんに拉致されて空中から真っ逆さま
嗚呼大変だこのままじゃ天地さんがとんでも無いことに~
まぁ、お約束のロックマン登場
天地さんは助けてくれたのが凄く目立つ何だか訳の分からないコスプレをした人物に愕然
声を掛けようとしたらサッサとキグナスさんとと2人で何処かへ行く
正義のヒーローは名も告げず何処かへ行く
アニメのお約束なので突っ込んではいけません
直ちに戦闘開始
今日は急いでるんだか何時もみたいに、「バトルカード!プレデーション!」とか面倒な事はカット
何か久々に戦闘っぽい戦闘をしてくれてます
そんなシーンを映画鑑賞と間違えてるのか楽しそうに傍観するツカサ
宇田海の事を気遣って攻撃出来ないロックマン
そんなロックマンにキグナスさんが余計な事を吹き込みます
「父親を殺したのはウォー・ロック」
「父親を殺した奴と電波変換してる」だとか主人公の心の隙をつけ込むこれもお約束です
驚愕の事実を聞いたスバルはショック受けたご様子
何か電波変換が解けかかってますよ
キグナスさんの攻撃を受けて地上に向けて真っ逆さま~
嗚呼大変だ助けてドラ○もんよろしくミソラさん
あれ?ミソラさんが来ない?
何時も余計な時にしゃしゃり出てくるのにこんな大変な時に来ないの?
そうか、スバルには挫折と苦悩を味わってもらいたいんだね
でも、この少年、登場初期の時点で十分苦悩は味わってますよ
この元気のない、HIKIKOMORI少年が主人公だなんて!
そんな感想を世の人々が思ってたと思いますよ
結局スバルは川に落ちて何処かへ流されて行きました
ジェミニ戦並に次回が気になりますね~
何時もより手抜きで感想なんて書いてませんよ?
ロックマンハープ・ノートジェミニ西沢さん
この中で電波変換してないのは、だ~れだ
・・・すいません、出来心でやっただけです
明らかにバレバレな問題です
後でバトンやると思います
じゃあ、終わります
今更だけど貴方の清きクリック希望です

FC2ブログランキング


今日のオハコロは30分2本連続で流星が放映されました
じゃあ、サクッと2つまとめて感想行きますか
第24話「オヒュカス・クイーン」
いつもの事ながらロックマンとウイルスの戦いを傍観する娘、委員長
ハープ・ノートとロックマンが強力して戦ってるのを見て1人でヒステリックを起こしてました
何だかんだ言っても以外に少しはコンビっぽくなってました
次の日
学校では誰これかまわず八つ当りをして機嫌が悪い委員長
機嫌を直すためお馴染みのメンバーで放課後に響ミソラ公開録画へ
一方の何かと出番が増えまくってるミソラさん
前回まで呼び捨てでしたが敬意を評して今日から「さん」付けで呼びます
何に敬意を評してるかは気にしないで下さい
前回の放映後辺りから既に「さん」付けを主流にしてますので
マネージャーと服について喧嘩をしてました
マネージャー「着ろ!」
ミソラ「嫌!」
この単語の繰り返し
キャラ設定が安定してないのか、出る度に微妙に性格が異なっています
オヒュカスが出現して騒動が起こりそうな予感がしてスバルは1人別行動
委員長も1人で別行動
何か怪しい雰囲気になりつつも公開録画スタート
結局普段の私服で登場のミソラさん
マネージャーを服で縛り上げるという極めて危ない行動に出てました
何か犯罪スレスレの行為です
一方の委員長
オヒュカスと遭遇してトラブルに巻き込まれようとしてました
ホントサクッと書いてみました
30分アニメならここでAパート終了
引き続きBパートならぬ第25話「愛しのロックマン様」をどうぞ
第25話「愛しのロックマン様」
オヒュカスと遭遇し、電波変換をする委員長
スバルは電波変換したオヒュカスに遭遇して床に頭を打って気絶する始末
コンサートの最中に登場したオヒュカス・クイーン
決してアトラクションでは無いので舞台を破壊しまくります
ミソラさん×コンサート舞台は破壊されるという法則が出来上がりそうです
会場のみなさんも止めてと言わんばかりの舞台破壊をしてるオヒュカスを見てアトラクションでは無いと気づきサッサと避難します
マネージャーはミソラを無理矢理連れ出し逃げようとしますが気づくとミソラさんは行方不明
何処かの公園に出現したミソラさん
ミソラ「電波変換!響ミソラ!オン・エア!」
初のミソラさんオン・エアシーンです
こうしてスタッフさんはまた1つ時間稼ぎのバンクシーンをGETしました
明らかにスバルの倍の時間でオン・エアしています
そんなに時間稼ぎに困ってたんですか?スタッフさん
何だろう・・・この、ふざけるなと言わんばかりのファンサービス・・・
まぁ、いいけど・・・
一方のスバルも気がついて電波変換します
スバル「電波変換!星河スバル!オン・エア」
ミソラさんの半分の時間、おまけにかなりの早送りみたいな感じでサクッと電波変換完了
オヒュカス・クイーンとの戦闘開始です
委員長の意志があるので「ロックマン様」を連発
毎回ながらピンチに陥るロックマンを救うのがハープ・ノート
オヒュカスはハープ・ノートを見るなり「泥棒猫」呼ばわり
勝手にライバル視されても良い迷惑です
2人で強力してオヒュカスを倒しました
オヒュカスの正体が委員長だと知った2人
ハープ・ノート「彼女?」
何故その質問に行くんですか?
三角関係にでも発展させたいんでしょうか・・・
何か知りませんがロックマンに対してハープ・ノートがフラグを立てたんでしょうか
委員長は電波変換時の記憶は無し
化け物が暴れていた所をロックマンが倒したとかゴン太・キザマロが言うと会えなかった事を残念がる委員長
まさか、その化け物が自分でロックマンに録でもない事をしていたのは知るよしもないです
2話分一緒に一気に書いてみました
「蛇足」
昨日は世界の偉人「英雄編」を見てました
題名はうろ覚えです
1位・・・誰だっけ?(おい
坂本龍馬だったかと思います
因みに、自分が好きな英雄は坂本龍馬・平賀源内・近藤勇ですね
では、終わります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。