上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しゅごキャラ!(11) (なかよしKC)しゅごキャラ!(11) (なかよしKC)
(2010/03/05)
PEACH-PIT

商品詳細を見る

玩具は全然売れなくても累計300万部の単行本売上で3年間食ってきたアニメを放送した日奈森さんのラストスパートです
この巻も前回同様に通常版、限定版、特装版の3パターンあります
限定版は本編で登場してる司が書いた絵本が付録としてついて1250円、特装版は今まで同様いろいろ特典が付いて990円、通常版はいつも通りの419円
欲しい方は自分のお財布と相談して買ってください
私は読めれば良いのでお安い通常版です

表紙
10巻で自分の指を使い切って11巻目は指が足りないという事態を起こした日奈森さんの最終手段はしゅごキャラに手伝ってもらうでした
ランだけ3本担当して後の4人が2本ずつ担当する事によって無事に11の数字を表せることが出来ました
良かった良かった、コレで12巻目も同じ手口で乗り切れます
因みに表紙のミキは完全に男の子にしか見えませんでした
しばらく表紙で見ない間に男らしくなっちゃって・・・

本編は消えてしまったラン、ミキ、スゥをひたすら探し回る日奈森さんの奔走劇
今まで引きこもってたダイヤの力を借りて過去と未来を行ったり来たり・・・
最後だからチート能力を使いまくりです
日奈森さんが王子としゅごキャラ探しをしてる中、現実世界では何も知らない面々がいつもどおり日常ギャグを繰り広げてます
このギャップは何だろう・・・
まぁ、最終的には消えた3人のしゅごたまを取り戻したけどハッピーエンドでは無いです
ラスト数コマ目でたまごを取り戻しただけでラン達はダイヤと一緒にたまごに引きこもったまま
この後、たまごから生まれたのかずっとたまごのままだったのかは今月からスタートしたアンコールシリーズで語られれば良いなと思ったり

アンコールシリーズがあるからか本編はいろいろ消化不良で終わってます
・なぎひこが日奈森さんに正体を明かしていない
・イクトの父親はどこ行った
・すっかり存在を忘れ去られてたエンブリオ
・ひかるのしゅごたま
大事な部分の謎が悉く明かされていない
消化不良ってレベルじゃねぇ
オマケに11巻でまた謎がいくつか追加される始末
アンコールシリーズで補完できるのか不安になってきた

肝心のアンコールシリーズだけど風の便りによると今月は歌唄さんと空海が何かやらかしてるらしい
あの2人、意気投合する場面が多かったからフラグ成立でもしたのだろうか・・・
気になる人はなかよしを買ってください。私は買いません
月刊誌を買う余裕は無いし、少女雑誌は付録の処分に困るから買うという考えは無かったり

いろいろありましたが4年間に及ぶ本編は無事に終了しました
4年の間に日奈森さんは二股とか落とし魔とか変態とか言われたい放題だったけど読み返すとホント変態で二股落とし魔だったから困った
一区切りついたから少しフォローしてあげようと思ったのに全然フォロー出来ません
将来がとても不安です
4年の間に結構キャラは増えたけど私は連載初期からミキ、エル、アミュレットスペード、アミュレットエンジェルが大好きでした
このうち2人は同一人物だけど中身はまるで別人なので良いんです
エルが歌唄さんの元へ帰ってから原作では一度もエンジェル化しなかったのはスゴク残念
代わりにアニメでエンジェル化したから良いけどね
肝心のアニメ3期はオリジナル一直線のあげく実写パートを追加して良く分からない公開処刑みたいな事になってるけど見てます
最近は実写パート飛ばしてアニメパートしか見てないけどね!
一応3月で終了予定だから綺麗に終わってくれれば嬉しいな
ラスト1ヶ月多分真面目に見ます
Secret

TrackBackURL
→http://hirt.blog91.fc2.com/tb.php/963-65aab192
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。