上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.06 TARI TARI 4巻
TARI TARI 4 [Blu-ray]TARI TARI 4 [Blu-ray]
(2012/12/05)
高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他

商品詳細を見る

3巻まで皆勤賞だった紗羽がいないと寂しいジャケ
第7話 空回ったり 見失ったり
和奏が合唱時々バドミントン部に正式加入してダークホースっぷりを発揮していく中、今までお姉さん的立ち位置にいた紗羽が進路でもめてしまう回
進路で悩んでる紗羽を恋について悩んでると勘違いした来夏が和奏を巻き込んでフォーリンラブとか言ってるのはジワジワくる
そして田中が完全に罵られキャラに変わったシーンも見どころ
そこまで酷い事言ってないのに来夏と和奏から「無神経!バーカ!クズ!クズ!バーカ!クズ!」と罵られたのは半分ご褒美なんじゃないかと思った
後、坊主の親父に対して「大っきらい!禿げろ!」は名言だった 
いくら何でもヒデェ

第8話 気にしたり 思いっきり駆け出したり
自身の体系の良さが仇となって騎手になれない紗羽は、精神的に追い詰められて周りにあたり散らしてしまうけど悟りを開いてる和奏には通用しない
亡くなった母親の話を持ち出すのはズルイです
アレじゃ反論できないじゃないですかー
シリアス系の話だけど終盤の馬で登校、時間稼ぎの為にしれっとした顔で学校に何度もイタ電かける和奏は面白い

キャラコメ
和奏とウィーンのボケ2人と突っ込み担当の紗羽の組み合わせは新鮮だった
3巻では自分の話で公開処刑にされてた和奏に代わって4巻は紗羽が後悔処刑に合う番
ウィーンだからストリップ未遂とかスルーされてたけど田中だったら絶対一波乱あるわ
30分間話に殆どふれず雑談で終わってしまって突っ込みどころ満載だった
初っ端からオーストリアの猫がどうのこうのと和奏とウィーンで猫トーク始めた時点で脱線しまくるのは目に見えてました
2人もボケ担当がいると話が進まない進まない
やっぱりキャラコメは和奏、来夏、紗羽の3人が一番聴いてて面白い

残り2巻
マラソンのゴールが見えてきた
Secret

TrackBackURL
→http://hirt.blog91.fc2.com/tb.php/1364-d7f67327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。