上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray]TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray]
(2012/09/05)
高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他

商品詳細を見る

高校生活最後の夏
5人の高校生が笑ったり、喧嘩したり、悩んだり、歌ったりする話
音楽を辞めてしまった和奏、歌うことを諦めきれない来夏、親友の為に力を貸す紗羽、それにバドミントン馬鹿の田中と日本の知識を悉く間違って覚えてるウィーン
この5人が合唱時々バドミントン部として動く姿は笑ったり感動したりと毎週最終回状態

第1話 飛び出したり 誘ったり
1話は来夏視点で物語が進むから主人公の和奏はサブ的な立ち位置
あまり喋らないから公式見ないで1話を見ると主人公を来夏と勘違いするレベル
そして来夏が狙ったかのように和奏の地雷をガンガン踏みに行く姿はウザ可愛い
3年になってから音楽科から普通科に転科してきたのには何か理由がある筈なのに、一緒に合唱やろうと言って和奏を怒らせるのはある意味才能だと思う
最後の街頭での歌の練習を4人に見られたのは本人も恥ずかしいけど見てる方も恥ずかしい

第2話 集ったり あがいたり
声楽部では歌わせてもらえないから新たに合唱部を立ち上げたけどトラブル続き
名前だけ貸した和奏がケーキを条件に歌決めの時だけピアノ担当、発表会当日に急遽ピアノを担当と次々に音楽に関わる羽目になっていく姿は何か可愛い
お人好しだし押しに弱いせいか頼まれごとをされると断りきれない和奏の性格は大好き
2話で一番印象に残るのは来夏と紗羽の心の旋律
早見さんと瀬戸さん歌上手すぎ
コレに後々あやひーが加わるんだから恐ろしい
もう2話で最終回みたいな事やっちゃって次どうなるんだよって所で3話に続く
EDは2話毎に変更されて2話時点では来夏と紗羽だけが座ってて和奏はちょっと仲間に入りたそうに離れた所で見てるだけ

1,2話は来夏編だったけど2話の心の旋律で一気に惹かれた
とどめをさすのは3話のI don't moneyだけど
暗い話もあるけど基本明るめでシリアスの合間にちょこちょこ入れてくるギャグシーンとのバランスが良い
弓を片手に教頭に直談判しに行こうとした紗羽、自己紹介で何故か土下座するウィーン、来夏が洗面所に水貯めて「眼鏡割るぞこのクソババァ!」とかいろいろありすぎ
後は来夏と紗羽のやり取りが好き
来夏の話を聞かないで紗羽が「クリームちょうだい」って言って来夏の「って聞けよ!」とか同じ病院内にいるのを知らずに紗羽に電話かけてすれ違って「ここかよ!」とかこの2人は一緒にいるだけで面白い

初回特典は
クリアスリーブ付デジパック仕様
描き下ろしジャケットサイズカード封入
6ページフルカラー解説ブックレット「心の旋律 その1」

映像特典はオーディオコメンタリー2タイプ
特に3人によるキャラクターコメンタリーが面白かった
・紗羽は三度の飯より馬が好き
・父親とドラならドラの方を優先したい
・紗羽の親父は札束数えるのが趣味
・和奏「アルパカって乗れるの!?」
・ウィーンのウィーンでのあだ名は日本
・和奏は1話に出てきた招き猫を持ち帰りたくて仕方なかった
・和奏の中の人は料理g(ry
・和奏「土下座にも種類があってスライディング土下座とかあるよね」
・来夏「Sの紗羽とSの和奏とMの来夏でお送りしました」
他にも爆弾発言とかいろいろあったけど和奏がボケ連発しててずっと笑ってた
和奏のキャラが悟りを開いた7話以降のノリになってるから1,2話のギスギスした感じを見直すと変わったよなー
しかし24分間ずっと喋りっぱなしだったから内容濃すぎ

最終話を迎える前にBD買うのはどうかなーと思ったけど大当たりだった
1クール作品だから集めやすいのが良いよね
1巻の売上好調みたいだからイベントの倍率が高そうで困った
シンフォギアとTARI TARIのどっちかのイベント当たらないかなーと思ってるけどどっちも倍率高いから半分諦めてるんだけど当たったら嬉しいな
Secret

TrackBackURL
→http://hirt.blog91.fc2.com/tb.php/1341-d878d462
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。