上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬越嘉彦 東映アニメーションワークス馬越嘉彦 東映アニメーションワークス
(2011/07/20)
ポストメディア編集部

商品詳細を見る

ずっと待ってた馬越さんの画集ゲットだぜ
通販サイトによって違う予約特典で私が選んだのはえりか
2011072117580001.jpg
サンシャインも良いかなーと思ったけど、何故か1人だけ変身前のえりかも可愛いんだよなぁと思ってえりかをチョイス
えりかは可愛すぎるな・・・

画集はおジャ魔女シリーズ、ハトプリ、マリガリの原画、版権イラスト、キャラデザが載ってるファンにとっては最高の1冊
中身はハトプリとおジャ魔女が大半を占めてる感じ
特におジャ魔女は4年間テレビ放映したから量が半端ないんだよね
ハトプリの方は設定資料は、去年東映に行った時に生で資料見れたからこんな感じだったなーと思うのが多目だけどスケッチは普段見れるものじゃないからスゲーと思った
スーパーシルエットのデザインで迷走したのかスーパーサイヤ人みたいな気を出してるのもあれば、肩からビームみたいな羽出してるのもあって表情もやたら男前でこれはこれでカッコ良くて好き

おジャ魔女の方は見てて泣きたくなるね
この作品は私が好きなアニメTOP3に余裕で入る
当時ボロボロ泣きながらリアルタイムで見てたのは良い思い出
おジャ魔女のデザインで一番迷ったのはハナちゃんらしく成長したハナちゃんの髪型が10パターンもあって大変だったんだろうなーと思った
後この作品の凄いところはクラスメイト全員に細かいプロフィールが存在し数名以外は最低1回はメイン回を持ってるってところ
私はクラスメイトでは双子が一番好きだったなー
おジャ魔女ではももちゃんが一番好きだけど
初期は心の傷が原因で暗い表情が多かったけど、中の人の演技のおかげで段々アホの娘になっていって最終的にはアホの娘兼フォロー役という立ち位置に納まったのはスゲーなと思った
エピソードでは長谷部君の母の日とかよこちゃん三部作がお気に入り
アレは今でもティッシュ箱抱えてないと見れない
おジャ魔女は年月が経ち過ぎてるから原画が殆ど残ってなかったけど残ってる資料で生き生きとしたどれみさん達を見れて凄い嬉しかった
10年近く経ってから画集として見れると思ってなかったから感動した

ちょっと値段高いかなーと思ってたけどこのボリュームなら文句ないわ
ホントに買って良かった
Secret

TrackBackURL
→http://hirt.blog91.fc2.com/tb.php/1220-6327ca8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。