上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070205_165445.jpg


今回は西沢さんの初登場の回です
ある日、携帯を持ってないハヤテが携帯を買いに言って思ったこと
ハヤテ「学校・・・戻りたいのかな・・・僕」
そう思ったハヤテは通っていた学校潮見高校へ行くことに
※この時はまだハヤテは白皇に通ってはいません
外から校舎を覗くハヤテに声を掛けたのが西沢さん
西沢「あの・・・綾崎君よね・・・?どうしたの、私服でこんな所に・・・」
ハヤテ「に・・・西沢さん・・・」
西沢「宗谷君達もみんな心配してたよ。綾崎君、新学期始まってから全然来ないから・・・」
ハヤテ「え?・・・いやちょっと色々あって・・・」
こんな会話をしてる2人です本当はもっとあるけど長くなるため省略
そんな2人にクラスメイト1からの一言
宗谷「何、朝からイチャついてんだお前達。」
西沢「ふあ!!そ!!宗谷君!!」
宗谷「つーかハヤテじゃん。お前学校やめたって噂になってたけど。」
ハヤテ「いや・・・まだやめたわけじゃ。」
宗谷「良かったな西沢、愛しの王子さまが戻ってきて。」
西沢「ばっ!!」
ゴッ
西沢さんの拳骨が宗谷にクリーンヒット
西沢「な・・なな、何言ってんのよ!!バカじゃないかな!?宗谷君は!!クラスメイトの事心配するのは当然でしょ!?」
宗谷「そのわりに「やめた」って聞いたとき泣きそうだったじゃねーか。」
ハヤテ「ありがとう西沢さん。心配してくれて。」
再び学校へ通おうとしていたハヤテに通りかかった教師の一言
教師「は?何言っとんだ綾崎。お前退学になってるぞ。」
ゴッ
西沢さんの拳骨が教師にもクリーンヒット
退学になってることを知りその場を去ろうとするハヤテに西沢さんが今回の話で一番の一言
西沢「綾崎君が好きです!!このまま・・・お別れなんて嫌です・・・だから私と付き合ってくれませんか?」
今まで思いを寄せていたハヤテにクラスメイト数名と教師1名の前で堂々の告白
しかし、この漫画のジャンルは執事コメディーそう簡単にハッピーエンドにはなりません
西沢「付き合ってくれませんか?」
再度言った西沢さんにハヤテは・・・
ハヤテ「え・・・あ・・・その・・・ご・・・ごめん」
ハヤテ「実は僕二次元にしか興味ないんだ。」
ピキッ
西沢さんの中で何かが崩れました
そう言ったハヤテのバックはザクとドムがプ○キュアのコスプレをしてポーズを決めてました
ハヤテ「・・・というのは冗談で・・・今はその放っておけない人が・・・」
西沢「あ・・・あ・・・綾崎君のバカー!!」
パアンッ
西沢さんのビンタがハヤテにクリーンヒット
ハヤテ「たー!!」
宗谷「立てるか?」
ハヤテ「今はまだちょっと・・・」
ふられた西沢さんでしたが・・・
ナレーター「ちなみに・・・」
西沢「綾崎君・・・私はまだ・・・」
ナレーター「西沢さんはあきらめていなかった。」
特徴が無いのが特徴の西沢さんですが結構サブキャラとして主演して何かと騒動に絡んだりしてきます
今日は以上です

Secret

TrackBackURL
→http://hirt.blog91.fc2.com/tb.php/11-e9c205be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。